チクシトゲアリについて 〜過去データ復刻編〜

チクシトゲアリ Polyrhachis moesta

 

女王サイズ;約7〜8mm

ワーカーサイズ;約5〜6mm

 

光沢の強い黒色のトゲアリ。

発達したトゲは前伸腹節、腹柄節にそれぞれ1対ある。

関東以南に生息し、樹上性。コロニーは枯枝や枯竹などに見つかる。

単雌性だが、コロニー創設時には多雌状態で見つかることもあり、コロニーの成長に伴って単雌に移行していくようだ。

 

結婚飛行は9〜10月に行われ、生息地では灯火などでも見つけることが出来る。

 

 

 

多雌状態の初期コロニー。

 

 

成長したコロニー。

 

 

同じ枯枝内に身を寄せていた越冬女王。

 

 

 美しいチクシトゲアリ有翅雌。

1