ヒラズオオアリについて 〜過去データ復刻編〜

ヒラズオオアリ Camponotus nipponicus

 

女王サイズ;約6mm

マイナーワーカーサイズ;約2.5〜3mm

兵アリサイズ;約5mm

 

黒色または黒褐色の小型オオアリ。

ワーカーはマイナーワーカーと兵アリの2型。

女王と兵アリの頭部は切断されたように平らで、この頭部を使って巣口の入り口を塞ぎ外敵の侵入を防ぐ特徴的な生態を持つ。

樹上営巣種で枯枝や枯竹に巣を作る。

 

結婚飛行は中部地方、四国で7月に観察。

灯火にも飛来する。

 

 

ヒラズオオアリの有翅雌。

 

 

枯竹に営巣していたヒラズオオアリのサテライトコロニー。

兵アリの頭部はヒラズオオアリ亜属特有の形状をしている。

hirazu01.jpg

 

 

灯火に飛来した有翅雌。

hirazu02.jpg

 

 

有翅雌の形状詳細。

20140704a.jpg20140704c.jpg20140704d.jpg20140704f.jpg20140704g.jpg20140704h.jpg

1