ヒラフシアリについて 〜過去データ復刻編〜

ヒラフシアリ Technomyrmex gibbosus

 

女王サイズ;約3.5mm

ワーカーサイズ;約2.5mm

 

頭部・胸部は褐色、腹部は黒褐色の小型カタアリ。

樹上営巣種で枯枝や枯竹内に営巣する。

 

結婚飛行は9〜10月に観察。

有翅個体はしばしば灯火に飛来する。

ただし、小型種で女王のボリューム感もあまりないことから有翅雌と気付かないこともあるかもしれない。

 

 

ヒラフシアリの初期コロニー。

2009_0513Ant0005.JPG

 

 

飛行後の有翅雌と脱翅雌。

2009_0223Ant0041.JPG

 

 

脱翅雌。

2009_0930Ant0010.JPG2008_1018Ant0004.JPG

 

 

有翅雌。

20131008.jpg

 

 

ワーカー。

2009_0517Ant0004.JPG

 

 

初期コロニー。

蛹の形態は裸蛹。

2009_0617Ant0008.JPG2009_0619Ant0001.JPG2009_0730Ant0051.JPG

 

 

枯枝に営巣していたヒラフシアリのコロニー。

2010_1220Ants0008.JPG

1