トゲズネハリアリについて 〜過去データ復刻編〜

トゲズネハリアリ Cryptopone sauteri

 

女王サイズ;約5mm

ワーカーサイズ;約3.5〜4mm

 

黄色〜黄褐色の中型ハリアリ。

湿り気の多い倒木や朽木、林床中などに営巣する。

朽木中の双翅類や甲虫類の幼虫、シロアリなどを捕食する為、営巣する朽木にはそれらが住んでいるところを観察できることもある。

 

 

 

湿度の高い山林内の倒木に営巣していたトゲズネハリアリのコロニー。

幼虫は多くの突起を持ち、水気のある巣部屋の壁面に直接触れないで済むような構造になっている。

中央の脱翅痕のある個体が女王。

 

 

ワーカー。

 

 

女王。

脱翅痕と明瞭な複眼でワーカーと区別できる。

1