ヤマヨツボシオオアリについて 〜過去データ復刻編〜

ヤマヨツボシオオアリ Camponotus yamaokai

 

女王サイズ;約8mm

ワーカーサイズ;約3.5〜4.5mm

 

黒色で前胸が赤褐色〜黒褐色、腹部に2対の”星”を持つ美しい小型オオアリ。

近縁のナワヨツボシオオアリに比べ、大型・小型ワーカー共に複眼がより突出することで区別される。

また、ナワヨツボシオオアリが単雌性であるのに対し、ヤマヨツボシオオアリは多雌性であることも生態の特徴の一つ。

樹上営巣性で枯枝や枯竹のコロニーが見つかる。

 

 

篠竹の枯枝から見つかったヤマヨツボシオオアリのコロニー。

2009_1229Ant0014.JPG

 

 

 

多雌性コロニー。

2009_0325Ant0010.JPGyamayotu02.jpgP2120151.JPG

 

 

ワーカー。

複眼の突出が特徴。

P2130160.JPGP2130178.JPGP2130180.JPGP2130181.JPGP2130184.JPGP2130187.JPGP2130193.JPG