ナワヨツボシオオアリについて 〜過去データ復刻編〜

ナワヨツボシオオアリ Camponotus nawai

 

女王サイズ;約8mm

ワーカーサイズ;約4〜4.5mm

 

頭部・中胸・前伸腹節・腹柄節・腹部は黒色、前胸が赤褐色〜黒褐色、腹部には2対の斑紋”星”を持つ。

腹部の斑紋は個体変異に富み、コロニーによって”星”が明瞭なものからほぼ消失しているものまで見られる。

樹上営巣種でコロニーは枯枝や枯竹などで見つかる。

近縁のヤマヨツボシオオアリに比べ、ナワヨツボシオオアリは海岸沿いのエリアや平野部に生息地がある。

また、ヤマヨツボシオオアリの多雌性に対しナワヨツボシオオアリは単雌性。

 

 

ナワヨツボシオオアリのコロニー。

ワーカーは兵アリ、ノーマルワーカーの2型。

nawayotu01.jpgnawayotu02.jpgnawayotu03.jpgnawayotu04.jpgnawayotu05.jpgnawayotu06.jpgnawayotu07.jpg

1