カラフトクロオオアリについて 〜過去データ復刻編〜

カラフトクロオオアリ Camponotus sachalinensis

 

女王サイズ;約18mm

ワーカーサイズ約;7〜12mm

 

光沢のある黒色の大型オオアリ。

本州では標高1700m以上の亜高山帯に生息する。

 

北関東標高1800m地点の山地にて観察。

7月下旬に結婚飛行後の脱翅雌を採集。

 

観察・同定に際し、近縁種ムネアカオオアリの黒化型個体(高標高地ほど体色が黒化し、全身黒色の個体も存在する)との識別が難しい。

 

カラフトクロオオアリの脱翅雌。

標高1800m地点にて採集。

 

山地の林床を徘徊すワーカー。

 

メジャーワーカー。

 

立木の幹を歩く脱翅雌。

 

脱翅雌。

 

産卵後、幼虫が孵化。

 

 

 栄養補給に蚊を与えてみる。

 

 

幼虫から繭化。

 

 ワーカーが誕生。

 

翌年8月、ワーカー数10匹超の初期コロニーに成長。

1