繭の生産加速 〜越冬幼虫組、羽化間近〜

越冬幼虫達の繭化が順調に進んでいる。

越冬幼虫は、昨年のうちに幼虫のステージまで成長したものの、越冬に入った為に代謝を落として幼虫のまま冬を越えた者たちだ。

今年に入って気温が上がり春を感じた為に成長を再開し、続々と繭を張り始めている。

早いものは既に成虫への羽化間近というところまで来ている。

もう少ししたら今年初のワーカー誕生となるだろう。

 

繭が確認できているのはホソウメマツオオアリ、アカヤマアリ、ムネアカオオアリ、クロヤマアリ、ヨツボシオオアリ。

他にもキイロシリアゲアリやクロナガアリも成長が順調だが、これらは繭を張らずに裸蛹となる種だ。

 

20200324a.jpg

コメント