ヨツボシオオアリ飼育ケース増設

ヨツボシオオアリ3年目コロニーでは現在2つの居住ケースと1つのエサ場を使用している

 

・丸型石膏居住ケース;直径約5cm

・筒型居住ケース

・エサ場

 

ワーカー数は約50匹。

もともとは丸型ケースから樹上営巣種によく使う枯れ枝を模した筒型ケースへの引越しを画策していたが、待てど暮らせど筒型ケースへ移動をしない。

丸型ケースへの給水も数ヶ月間断っているのだが、乾燥気味を好むヨツボシオオアリ。

カラカラの状態でも小さな石膏ケースの方が気に入っているようだ。

 

しかしながら、越冬幼虫の数が多かったこのコロニーにおいて、新しいワーカーが大量に誕生するのは時間の問題だ。

丸型ケースが気に入っているのならそれはそのままに、あまり使ってくれない筒型ケースは取り外し、新たに別の石膏ケースを居住スペースとして追加することにした。

樹皮下などの狭い空間に営巣するヨツボシオオアリ。

新しいケースでは石膏をいつもよりも高めに盛り、天井との空間が不必要に広くならないよう工夫した。

 

さて・・・今度はきちんと使ってくれるかな・・・??

 

<新飼育環境>

・丸型石膏居住ケース;直径約5cm

・平型石膏ケース

・エサ場

 

 

20200406.jpg

コメント