種不明 "大きいアメイロアリ"のような"小さなケアリ"のような脱翅雌

4月17日。

クロナガアリの結婚飛行があった日。

地表でクロナガアリとは違う脱翅雌を見つけた。

 

パッと見の印象はアメイロアリだ。

・・・しかし大きい。

小さい脱翅雌だが、体長は約5.5mm。

約4mm程のアメイロアリにしては別種と言えるほど大きい。

フォルムがヤマアリっぽいのでケアリも似ているが、今度は小さすぎるしそもそもこんな時期に飛ぶケアリなんて知らない。

時期的には5月初旬に飛ぶアメイロアリが近い気がするがこれは何なのだろう・・・??

 

これと良く似た脱翅雌を昨年も見つけている。

時期は6月。

6mmぐらいと記録していたが、今回の脱翅雌にそっくりだ。

昨年の個体はすぐに死んでしまったが、今回の個体は採集翌日にすぐ産卵した。

ワーカーが出せれば種の判断材料が増える。

 

果たして君は・・・誰なんだい・・・??

 

 

20200417b.jpg

コメント