プロフィール

蟻のエンサイクロペディア

≫≫サイト【蟻のエンサイクロペディア】TOPページ≪≪

〜蟻の社会に惹きつけられて〜
幼少期は昆虫、恐竜、星の3ジャンルにおいて博士を自称していた私が蟻を飼い始めたのは
社会人となってから。
職場の先輩に誕生日プレゼントとしてもらった『アントクアリウム』がきっかけだった。
近所で捕まえたクロオオアリのワーカーに巣を掘らせて楽しんでいたがどうも物足りない。
『アリ=巣を掘らせると面白い』というごく表面的な魅力の奥に潜んでいたのは『女王アり
を中心とした小さなアリ達の奥深い社会性』だった。人の目が届かない地底で、木の枝の中
で実は繰り広げられていたいくつものアリ社会。その存在を知ってしまった時、蟻への関心
は一気に熱を帯びて広がったのである。
そうだ、これを『アリビックバン』と名付けよう。

TOPに戻る